家づくりの流れ。〜be▶plus2F STYL〈S様邸〉③上棟式〜

ブログ1.png
こんにちは。プレインホームの平原しのぶです。

今回は前回お話した『足場設置から棟上げまで+屋根工事・外壁構造用合板張り』までのお話の続きで、家づくりで大切なイベント『上棟式』についてお話したいと思います。

『家づくりの流れ。be▶plusu 2F STYL〈 S様邸 〉①』はこちらからご覧ください。

『家づくりの流れ。be▶plusu 2F STYL〈 S様邸 〉②』はこちらからご覧ください。

目次
1)上棟式とは
2)四方固めの儀
3)祭壇清めの儀
4)御幣の設置
5)施主様のご挨拶・当社からのお礼・大工さんの紹介
6)手形式

1)上棟式とは
ブログ2.JPG
上棟式は、梁や柱などの骨組みが完成し、木造住宅の場合は最上部に棟木を上げる儀式を差し「棟上げ(むねあげ)」「建前(たてまえ)」とも呼ばれます。

ここまで無事に工事が進んだことに対する感謝の気持ちとともに、無事に家が完成することを祈願します。


また施主様と大工さんの顔合わせの日としてご挨拶をしていただきます。これから完成まで施主様と数ヶ月にわたり工事の中でお付合いしていただくことになるので、施主様と大工さんとの距離が近づくきっかけとなればと思っています。


プレインホームではこういった家づくりでの儀式を大切に考え『家を建てる』この時にしか体験できないイベントを一緒に楽しんでいただき、家づくりの思い出として残してほしいという想いから執り行っています。

2)四方固めの儀
ブログ3.png
四方固めの儀とは、建物の四隅を酒・米・塩でお清めし、工事の無事を願う儀式です。

施主様に北、東、南、西の隅柱に塩、米、お酒をまいてもらいます

ブログ4.png
次に、当社では大工さんが木工事で使用する「カケヤ」という工具使って、施主様に土台を締め固めていただく儀式を行っています。


3)祭壇清めの儀
ブログ5_2.png
祭壇清めの儀とは、神前にお供え物をする儀式です。

まずは、御幣の前にお集まりいただき、施主様に祭壇へ塩、米、お酒を備えていただきます。

そして、皆様で「2礼2拍手1礼」をいたします。

4)御幣の設置
ブログ6.JPG
御幣とは「お施主様・施工者・年月日」などを記した板に両紙垂れをはさみ、扇子や水引で飾られた縁起物です。

御幣には家に難を寄せ付けない「神様」的な役割があり、これからの工事の安全と、家とそこに住む家族を守ってくれますようにという意味が込められています。

ブログ7.JPG
そんな大切な御幣を大工さんに棟木に取り付けてもらいます。

5)施主様のご挨拶・当社からのお礼・大工さんの紹介
ブログ8.png
ブログ9.png
ここでは、施主様よりご挨拶のお言葉を頂戴し、当社担当者から感謝の気持ちをお伝えします。

そして、これから完成まで施主様と数ヶ月にわたり工事の中でお付合いしていただくことになる大工の棟梁をご紹介します。

紹介後、棟梁からご挨拶があります。

工事の間、施主様が気軽にお家を見学しに来ていただくためにも大切な顔合わせの場だと考えております。

6)手形式
上棟式は、これで終了ですが、当社ではこの後ご家族のお家づくりの思い出として「手形式」という儀式を執り行っています。

ブログ10.png
家づくりを一生の思い出に残していただきたい!という想いから、棟板に手形で家族の想い(生命)を吹き込んでいただき、ご家族の願いを書き記してもらいます。

ブログ11.png
最後に、完成した棟板と一緒に記念撮影をして♪新居完成への想いと工事の安全を祈願して、御幣と一緒に棟木に取り付けます。


お家が完成したら見えなくなってしまうものですが、きっとずっとずっとこの想いの板がご家族の幸せを見守ってくれていると信じて!これからもこんな素敵な「手形式」をずっと続けていきたいと思っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回も家づくりの流れについてお話したいと思っています。みなさま、引き続きお付き合いいただけますと幸いです♪

次回はいよいよ内装工事についてのお話です。内装工事に入るとお家の完成がイメージしやすくなり工事の進捗状況も見ていて一番楽しめると思います♪

次回のブログもお楽しみに♫


平原 しのぶ

プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

家づくりの流れ〜be plus 2F STYL〈 S様邸 〉①着工から基礎工事まで〜

こんにちは。
プレインホームの平原しのぶです。

みなさんは家づくりの流れってご存じですか?

家づくりってほとんどの方にとって初めての場合が多いと思います。
そんな家づくりで実際にお家がどうやって建てられていくのかって、知らない人がほとんどではないでしょうか?

そこでこれから「工事が着工してからの家づくりの流れ」を、現在建築中のbe▶plus 2F STYL〈 S様邸 〉をモデルに現場の進行に合わせて少しずつお話ししていきたいと思います。

1.png
S様家族との出会いは、昨年5月31日。当社開催の家づくりセミナーに参加していただいたのがきっかけでした。

6歳のお兄ちゃんと4歳の妹ちゃんがいる4人ご家族です。お子さんたちがとても人懐っこくて、いつも打合せの場を明るくしてくれました。
それからたくさんの打合せを重ねて、昨年11月17日(ご主人様のBirthday)にめでたく着工の日を迎えることができました。

目次
2020.11.17 着工
2020.11.24 配筋工事
2020.11.27 配筋検査 
2020.12.01 ベースコンクリート打設
2020.12.05 立ち上がりコンクリート打設
2020.12.13 型枠バラシ 


【2020.11.17 着工】
2.jpg
着工の日、まずは地鎮祭の時に神主さんからお預かりした「鎮め物」を納めました。

3.jpg
その後「根切り」といって敷地を大きく掘りこんで基礎を作るための下地作りを行い↓


4.JPG
「捨てコンクリート」と呼ばれる下地用のコンクリートを打設します。


【2020.11.24 配筋工事】
5.jpg
6.jpg
コンクリートが固まったら建物の基準となる線を書いて(墨出し)、配筋工事に入っていきます。


【2020.11.27 配筋検査】
7.jpg
配筋工事完了後は、第三者機関による配筋検査が行われます。

8.jpg
配筋検査では、使われている配筋の太さ、間隔、つなぎ方など計画通り施工されているか、施工不良がないかをしっかりチェックしてもらいます。


【2020.12.01 ベースコンクリート打設】
9.jpg
検査をクリアした後、ベースコンクリート打設の工事に入っていきます。

10.jpg
今の季節ですとコンクリート打設後、1週間程置いてベースコンクリートの完成となります。


【2020.12.05 立ち上がりコンクリート打設】
11.JPG
12.JPG

ベースコンクリートが出来上がると、次に基礎の立ち上がり部分のコンクリート打設工事を行います。
バイブレーターを使い余計な空気や水分を抜き、しっかりと締固めを行い、その後立ち上がりの天端部分(一番上の水平な部分)をコテで平滑りにし、その上からレベラー(水平精度の高い下地調整材のセルフレベリング材)を流して基礎天端を水平に仕上げていきます。


【2020.12.13 型枠バラシ】
13.jpg

立ち上がりコンクリートの打設後、養成機関を終えてようやく型枠が外され、ここまででひとまず基礎工事が終了となります!

家づくりにおいて『基礎工事』は、安心して暮らしていくために、とても重要で大切な工程になります。
一言で『基礎工事』といっても基礎工事の流れだけでもたくさんの工程があり、その一つ一つが丈夫な家づくりには欠かせない工程となっています。

家づくりの流れを知っていただくにはまずは基礎工事から!ということで、今回は着工から基礎工事終了までの流れをお話しさせていただきました。


最後までお読みくださりありがとうございました。
また次回も家づくりの流れについてお話したいと思っています。みなさま、引き続きお付き合いいただけますと幸いです♪

次回はいよいよ建物が建てられていく流れの部分のお話をしたいと思います。
お楽しみに♫


平原 しのぶ
プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

リフォーム工事完成

IMG_20200821_102614-1024x768.jpg
Plain Homeの平原秀昭です。

今日は、リフォームのビフォーアフターのご紹介です。

ここに住まわれて25年、築35年の寝屋川の戸建て住宅。

以前に1Fはリフォームされたのですが、2Fもやはりきれいにしたいとのことでした。

化粧合板が特徴的な昭和の雰囲気のあるお部屋を今風の部屋へリフォームいたしました。

まずは、ビフォーの写真です。
IMG_20200821_102622_1-1024x768.jpg
IMG_20200821_102657-1024x768.jpg
さてここからは、アフターのご紹介です。

一体、どんなお部屋になったのででしょうか?
PXL_20201019_003608335-1024x768.jpg
PXL_20201018_235526915-1024x768.jpg
コストをかけずにと言うご要望にもお応えして、天井、壁は壁紙に、床はクッションフロアーに変身。

「まぁ~なんて言うことでしょう~」

立派に、今風の洋室に変身できました。


今回は、この家から引っ越しするとのことでここで生活するわけではないのですが、次にここに住まわれる方のことを考え、また、「この家で暮らせた感謝を込めてきれいにして引っ越ししたい」とのお客様の気持ちに心を打たれた私でした。


▶︎▶︎▶︎セミナー詳細はこちらから
▶︎▶︎▶︎お問い合わせはこちらから

堺市西区の現場で地鎮祭が行われました

IMG_2705-e1603789436180.jpg
こんにちは!

プレインホームの平原しのぶです☺︎

寒くなってきて朝起きるのが辛い今日この頃、みなさま暖房ってもう使用されてたりしますか?私は、寒い日はもう使ちゃっています>_<

みなさん、お家のことを考えるなら暖房器具はエアコンがおススメですよ!

なぜかと言うと...、

詳しくは弊社ブログの『いい家づくりには窓が大切!って本当?』の中の『「結露やカビ・ダニが心配」のお悩み解消は?』に書いているので気になる方はそちらをご覧ください❁


さて、今日は先月25日(日)に堺市西区で行われた地鎮祭についてお話ししたいと思います。


当日は、ご主人様のご両親もご参加くださいました。
少し前まで雨続きで天候を心配いていたのですが暑いくらいの晴天で迎えることができ、お子さんたちも気持ちよさそうに走り回っていました。

IMG_2701-e1603788885155.jpg

地鎮祭は、一般的に「ぢちんさい」や「ぢまつり」といっていますが正しくは、「とこしずめのまつり」と訓みます。
また、工事の着工に合せて行う場合は起工式として行うこともあります。

地鎮祭の起源は古く持統天皇の御代(西暦690年)にはすでにこの祭の記録があり、古代より土木・建築等に伴う重要な祭りとして行われてきました。

地鎮祭は、私達の人生にも誕生以来いろいろな区切りがあり、その時々にまつりを行い無事発展を祈ることと同じく、建築を行う場合に於いても着工に当り、その土地の守護神に無事完成を祈願する大切な祭りです。

また、工事の進展に伴う祭りとして、上棟祭や竣工祭を行いますが、竣工祭は無事完成を祝い、清め祓いを行うと共に末永く無事繁栄を祈ることです。また完成後は神棚を設けて神札(おふだ)をおまつりすることも大切なことです。

以上のように、地鎮祭は建築における最初の最も意義深い重要なお祭りです。

土地を守る神様にその土地を使用する許しを請い、工事の安全を祈願する儀式として昔から行われてきました。
家を建てる土地の四隅に青竹をお立てて、しめ縄を囲んで祭場をつくり、施主様や工事関係者が参列して行います。

最近では地鎮祭を行わないケースも増えてきていますが、当社では家を建てる際の貴重なイベントごと、大切な思い出づくりとしても"地鎮祭"を行うことをおススメしております。


今回の地鎮祭は神式で行われましたが、仏教式、キリスト教式などで行う場合もあります。
神式以外で行いたい場合は事前に担当者に相談してみてください。式のダンドリや進行は当社が行うので、詳しく把握しておく必要はありませんが、今回行った地鎮祭の流れをご紹介しておきます。

IMG_2598-e1603789155706.jpg


【開式の辞】

祭員及参列者が所定の座に着席するのを待って祭典を始める旨告げる。

【修 祓(しゅばつ)】

神職が神前に於て祓詞(はらいことば)を奏上し、大麻(おおぬさ)ですべてを祓い清める。

【降 神(こうしん)】

神籬に神様をお招きする儀式

IMG_2706-e1603789381607.jpg

【献 饌(けんせん)】

神前にお供え物をする儀式。

【祝詞奏上(のりとそうじょう)】

神職が神前に工事の安全を願って祝詞を奏上する。

IMG_2620-e1603789587897.jpg
IMG_2626-e1603789630720.jpg

【四方祓(しほうばらえ)】

敷地の四隅と中央を祓い清め供え物をして土地の安全を願う。

IMG_2635-e1603791693140.jpg
S__2293802-e1603792078599.jpg
IMG_2637-e1603792149455.jpg

【地鎮の儀(じちんのぎ)】

この儀式は、設計者及び施主と施工者が初めてその土地に手をつける意味であり、今回は施工者が鍬入を行い(起工の意味を表します)、斎主が鎮物を埋納し(安全を祈念します)、施主様が鎮物に砂をかぶせ(その土地をならすという意味)を行いました。

IMG_2707-e1603785804694.jpg

【玉串奉奠(たまぐしほうてん)】

玉串は工事の無事安全を祈って、その心を神に捧げるものです。

S__2293803-e1603792290656.jpg

【撤 饌(てっせん)】

お供え物を下げる儀式

【昇 神(しょうしん)】

神籬にお招きした神様にお帰りいただく儀式。

【閉式の儀(へいしきのぎ)】

地鎮祭をめでたく終了します。

その他、気になる地鎮祭にかかる費用ですが、金額は地域によってさまざまなので、神主や担当者にご相談ください。
相場は「2~3万円程度」+「儀式で使用するお供え物の費用が1万円程度」の合計3~4万円程度となっております。

神式の場合、謝礼ののし袋の表書きは「玉串料」もしくは「初穂料」です。
仏式の場合は「お布施」となります。

最後に、地鎮祭の儀式は1時間程度で終了します。家を建てる際の貴重なイベントごとです。

施主様の大切な思い出となりますよう、スタッフ一同心を込めて準備し、執り行っております。
お家を建てられる際は、地鎮祭が昔からどのような思いで行われてきたのか、式がどのような意味合いで進められていくのかを知って、楽しんでいただけるとうれしいです♩

神社の手水舎ってどうやって出来上がるの?

IMG_2409-e1601460733823.jpg
こんにちは、プレインホーム代表の平原昭祥です。

今日は、東大阪の若江岩田駅に程近い若江鏡神社の手水舎を建替え工事させていただいたときのことをお話ししたいと思います。

S__2048016-e1601459847530.jpg
IMG_2386-e1601460611651.jpg

打合せ当初より、宮司様も積極的に意見を頂けたこともありシンプルでありながら厳かな雰囲気のある手水舎を建てることができました。

38968-e1601459186386.jpg
IMG_2404-e1601459540661.jpg

手水舎の水盤は3tを超える一枚岩を刳り貫いて制作しているため、見るからに迫力がありその水盤の周りを玉石と縁石で囲むことでより一層壮麗なイメージを与えます。柱を支える束石も一枚岩で30㎝角の御影石を使用しています。この束石一つで50㎏以上の重さがあります。

IMG_2384-e1601460058337.jpg
38967-e1601459701777.jpg

木材の軸組材は、柱が5寸角、桁と梁が3寸角と4寸角を組み合わせた総桧の仕様になっております。桧は多くの油分が含まれ耐水性に優れていて、その油分には殺菌やリラックス効果があるといわれています。

また、構造材としての高い強度を持っているため、木造建築に用いる構造材では最高級の樹種として知られています。その桧材を高知の木材組合より無節と上小節のきれいな部材だけを取り寄せることができました。野地板や垂木も小さな小節があるものの木目を生かした和の風合いがすごくいい感じになじんでいます。

IMG_2405-e1601460172274.jpg

屋根は、ガルバニウム鋼板の一文字葺きを採用しています。昨今の酸性雨の関係で銅板葺きが敬遠されるようになりアルミニウムと亜鉛を混合して制作するガルバニウム鋼板は、薄くて軽量で建物への負担が少なく、錆びにくい性質を持っているため建物に採用するにはこの上ない製品です。

最近ではデザイン性にも注目されるようになり、多くのカラーをそろえるようになりました。今回は濃灰紺のカラーを選び建物との調和を図っています。

IMG_2412-e1601460258984.jpg

また、構造的にも細工をしています。以前の建物は束石の上に柱を載せているだけの建て方を行っていましたが、台風や地震などの天災にも耐えうるよう束石と柱の足元をアンカーボルトで貫通し基礎と繋ぎこむことで耐震、耐荷重、構造的にも強度にすることができました。

古来からの在来工法の技術と近代の部材の融合でまだまだ建築技術は進化していくでしょうね。

S__7118889-e1601460407332.jpg
S__7118883-e1601460346673.jpg

夜の手水舎も見てもらいたいものです。

梁上に隠した電球色のLEDライトが手水舎の夜の美しさを輝かせています。
日中に見る手水舎とは全然違うロマンチックな佇まいが新しい神社の見方を経験できると思います。

お参りされる際は、一日数度しかない水盤の注水の湧きだし時間に行かれることをお勧めします。水の溢れる音色をぜひお楽しみください。