現場日記【基礎着工】

プレインホームの平原 秀昭です。

ずいぶん、遅くなりましたがブログの更新です。実は先日、引き渡しが終わりました。
ですが、工程を追って更新していきます。

開発行為が無事に終わり、次は基礎着工です。

PXL_20210608_002836809.jpg
基礎工事は掘削から始まり→捨てコンクリート打設→墨出し→配筋→型枠→配筋検査→ベースコンクリート打設→型枠→立上りコンクリート打設→型枠バラシ

このような工程で進めて行きます。

まずは掘削。真夏の炎天下の中の掘削は気温と土から上がってくる湿気との戦い。
PXL_20210608_010035036.jpg

工事開始から、2時間ほどするとこんな方が来られました。
PXL_20210608_005241124.jpg
この女性の方、市の職員さん。「富田林市の文化財課」のかた。掘削時に遺跡や文化財が出てこないかの確認。この地域は遺跡が出やすい地域のようで、少しロマンを感じませんか?私が住んでいる和泉市でも池上曽根遺跡があり、「何千年も前からここに人が住んでいたのか」とふと思うことがあります。ここよりもう少し西側の地域では文化財が見つかり遺跡調査を行ったことがあるとのことでした。
PXL_20210608_005207039.jpg
この現場では、遺跡は出てくることはありませんでした。(残念)個人的は世界的な遺跡が出てきたらとも思っていましたが、お客様のことを考えると無事に文化財課の確認が終わりました。

この日は掘削、捨てコンまで無事に終わり、翌日に墨出し
PXL_20210609_063948531.jpg
本日はここまで。最後までお読みいただきありがとうございます。
次は基礎工事の中でも大切な配筋工事の内容になります。


プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

漆喰(しっくい)って何?どんな素材?

こんにちは。プレインホームの桝田です。
今回は漆喰についてお話したいと思います。

106-PLH20210422_mini.jpg
私も最近まで漆喰を知りませんでした。ただ漆喰を知ったときそんな素敵な素材があって色んな魅力が詰まった自然素材があったことに驚きました。


>>>【自然素材の知識】


そもそも漆喰(しっくい)って何?
漆喰(しっくい)とは、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分とした塗り壁素材です。漆喰の原料になるのは、主に消石灰です。


呼吸をする壁と言われている?
壁.jpg
漆喰を使った壁は呼吸をしていると言われています。漆喰の主原料は主に消石灰で、二酸化炭素を吸収することで徐々に石灰石へと戻り固まっていきます。消石灰から石灰石に戻るまでには、長い時間がかかります。時間をかけてゆっくりと呼吸をしながら固まっていくことで心地よくしてくれて、この呼吸がお部屋を快適にしてくれます。漆喰壁が呼吸をすることで、冬場の「乾燥」夏場の「湿気」を防ぐ効果が期待できます。


シックハウス症候群対策にも良い?
035-PLH20210422_mini.jpg
シックハウス症候群の原因は、壁紙に使用されている接着材料や家具などから揮発されるホルムアルデヒドという物質が原因とされています。CO2を吸収することで、カビや細菌の発生・増殖を抑える効果、ホルムアルデヒドを分解する力を備えています

2021-03-15 14.57.50.jpg
また、アレルギーや喘息対策にもなるそうで、私も娘も喘息を持っているので漆喰の素材の壁を知ったとき凄く魅力的に感じてそんな素材が昔からあったことに驚きました。小さなお子さんにも安心なところもとても魅力的です!!


手入れがしやすい?
063-PLH20210422_mini.jpg
ちょっとした汚れや落書きなどは、消しゴムで消したり、カッターで削ったりすると、すぐに消せます、全体的に汚れてきたと思ったら、漆喰をローラーで薄く延ばせばご自身でも手入れすることもできます。


漆喰は呼吸をする壁、自然素材で家を健康に保ってくれて、なんか...
凄く魅了的で最高じゃないですか?
私自身もこれから家づくりを経験する時が来るかもしれません。知識として家づくりをする前に漆喰を先に知ることができてこれはラッキー?!と心の中で思ってしまいました。(笑)


122-PLH20210422_mini.jpg
家づくりはすごく悩むことが沢山あると思います。少しでも悩んだり気になることやご相談がございましたら、お気軽にいつでもいらしてください♪

これからも皆様の家づくりが素敵なものになりますように。


また、シックハウス症候群についての記事も良ければチェックしてみてください!!
>>>【新築でシックハウス症候群?】

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

家づくりの流れ。be plus 2F style⑤ 内装の仕上げから完成まで

1.jpg
こんにちは。プレインホームの平原しのぶです。
今回は『75%完成見学会』後の工事の流れについてお話したいと思います。

いよいよ内装の仕上げ工事に入っていきます。内壁の塗り壁仕上げや、ウッドデッキや駐車場の外構工事など完成までの流れについて詳しくお話したいと思います。


『75%完成見学会ってどんなの?』

『家づくりの流れ。be▶plusu 2F STYL〈 S様邸 〉④』


目次
1. 天井・珪藻土クロス仕上げ
2. 足場の撤去
3. 内壁・左官仕上げ
4. 玄関・土間仕上げ
5. 駐車場・外構工事
6. ウッドデッキ・外構工事
7. 門塀設置

1.【天井・珪藻土クロス仕上げ】
2.jpg
当社では天井の仕上げ材は珪藻土のクロスをお勧めしています。
クロスと言ってもよく使われているビニールクロスとは違い、勿論化学物質の入っていない安心の自然素材です!施工の時に使用するクロスを貼り付けるのりにもこだわっていて、化学物質の入っていない自然由来ののりを使用しています。
そんな安心安全な珪藻土クロスを天井に貼っていきます。天井の丸い穴はダウンライトを設置するためのものです。

2.【足場の撤去】
3.jpg
4.jpg
外観周りに設置されていた足場の撤去が行われます。
足場が撤去されるとやっと外観の全貌を確認することができるようになります。

3.【内壁・左官仕上げ】
5_.jpg
6.jpg
内壁の仕上げ珊瑚の塗り壁(漆喰)を選ばれました。
ここは左官職人さんの腕の見せ所です!熟練の鏝技術でキレイな鏝の模様が入り白い壁に表情が現れます。

7.jpg
こちらのお家ではパントリーの中はアクセントカラーとして、ヘルシーカラー(珪藻土)のグレーを選ばれました。
珪藻土は調質効果に優れており、パントリー内の湿気対策も考えられています。

4.【玄関・土間仕上げ】
8.jpg
9.jpg
玄関はモルタル土間仕上げを選ばれました。タイル張りで仕上げることも可能です。

5.【駐車場・外構工事】
10.jpg
11.jpg
完駐車場は型枠を設置し、コンクリートで仕上げます。

6.【ウッドデッキ・外構工事】
12.jpg
13.jpg
まずは束石を配置し、束柱を建てて大引きを取り付けます。
大引きの上に床材を貼っていきます。周りからの視線が気になる場合は目隠し塀を設置することもできます。

7.【門塀設置】
14.jpg
門塀には、枕木を使用しました。
枕木とは線路の下に間隔をおいて敷き並べて線路を支えている角材の事です。
建築資材としても最近人気が高まっています。
枕木を等間隔で設置し、そこにポストやインターホン、門灯を取り付けてオリジナリティ溢れるおしゃれな門塀に仕上がりました。

15.jpg
これでお家が完成となります。
プレインホームでは、この時点で施主様にご協力いただき『完成見学会』を行っています。実際に住まわれるお家の見学会には家づくりのヒントがたくさん詰まっています。お家づくりをお考えの方は、是非プレインホームの完成見学会にご参加ください。


今回はここまでにして、次回はプレインホームの見学会イベント『完成見学会』について詳しくお話したいと思います♪


最後までお読みいただきありがとうございました。
みなさま、次回も引き続きお付き合いいただけますと幸いです♪


プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

家づくりに大切な2つのポイントについて

135-PLH20210417-mini.jpg


みなさん、こんにちは。
プレインホームの平原昭祥です。

今回は、家づくりに大切な2つのポイントについてお話したいと思います。



1.『お金』

まずはシッカリと決めたいのが家づくりにおいての総予算です。
3500万円で家が建てたいといっても、土地と建物だけなのか?建物だけなのか?庭や玄関廻りも含めた(外構工事)総予算なのかで大きく違ってきます。

・予算について

例えば土地を買うところから始める人とすでに土地を持っている人とでは家づくりにかけるお金が全然違ってきます。さらに言うと、引越し費用はどうするの?とか、家具や電化製品はどうするの?などお客様のご予算がどこまで考えられていらっしゃるかで我々の提案するお家づくりが大きく違ってきます。

注文住宅ではお客様のご希望に合わせて家づくりを行うのでお客様一人一人によって金額が変わってきます。
「光を入れる為に窓を大きくしたり、数を増やしたいな」
「部屋と部屋の壁の色を変えたい」
「建具を開き扉じゃなくて引戸にしたい」
こんな要望が出てくるだけで金額が膨らんでしまいますよね。
注文住宅は自由度がある分、金額が上下して解りにくいといった声を多く聞きます。

ef34dd1f36cd3ad9decc256663e59921a122d379.jpg

プレインホームではそんな不安を解消するために建物の大きさが変わらなければ、一切の追加料金がかからないビュッフェスタイルの家づくりに取り組んでいます。簡単に言うと食べ放題😀窓の大きさや数も、部屋によって壁の色を変えてもOK、開き戸と引戸も使い分けてください☺定額制のビュッフェスタイルの家づくりであなたの理想を叶える家づくりを実現してください。

>>>『ビュッフェスタイル注文住宅はこちら』


2.『間取り』
どんな部屋をどんなふうに配置するのか、多種多能なライフスタイルが生まれているなか、正解を探し出すのは難しいと思うかもしれません。でもそんなに難しく考える必要はありません。まずはご家族のライフスタイルを思い浮かべてみてください。


・トイレ編
hp画像.jpg
例えば、最近は1階2階両方にトイレを設置される方が多いですが2階で過ごす時間が少ないなら2階のトイレはいらないのかな?とか、そのスペースを収納にした場合。一日でトイレにいる時間が何分あるのかなどトイレ一つをとってもいろんな見方ができます。


・バスルーム、キッチン編
052-PLH20210417-mini.jpg
バスルームやキッチンの水回りは1階に配置される方が多くいらっしゃいますが、リビングを広く取りたい方やお客様の来訪が多いご家族様なら2階に配置してもいいと思います。2階にバスルームを設置することで2階は家族だけが生活するプライベート空間に、リビングに光を入れるのも容易です。

・玄関編
hp画像_2.jpg
玄関にはシューズクロークを設置されることをお勧めします。玄関に直したいものって靴以外にたくさんありますよね。赤ちゃんがいる家庭ならベビーカー、趣味にサーフィンやスケートボード、ゴルフなんかの道具を置いたり、子供のサッカーボールやスパイクなど外に持ち出したい物って玄関のすぐ近くに配置すればものすごく便利です。

110-PLH20210422_mini.jpg
今の生活で満足していることと、これからの暮らしで必要になることを考えてみたらいろんな住み方の間取りが出来上がります。「他の人のお家の間取りはどんなのかな?」とか「自分の家の間取りはどれがピッタリなのかな?」こんな疑問が浮かんで来たら、ぜひ一度相談に来てみてください。今まで建てたお家の中に答えがあるかも、相談することで解決するかも、当社はお客様と一緒に考えながらお家づくりを行います。安心してご来社ください。


>>>>『施工事例はこちら』


プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg


75%完成見学会ってどんなの?

hp画像_3.jpg

こんにちは。プレインホームの平原しのぶです。

今回はプレインホームで行っている『75%完成見学会』についてお話したいと思います。
『75%完成見学会』ってあまり聞きなれない言葉じゃないですか?
『構造見学会』『完成見学会』は、みなさんも良く聞いたことがありますよね。

プレインホームでは、家づくりの施工の75%が完成した状態で、施主様にご協力いただき『75%完成見学会』を行っています。そこで今回はこの聞きなれない『75%完成見学会』の見どころや、どんなことが体感できるのか、など詳しくご紹介したいと思います。


1.【見学会参加をお勧めする理由】
画像2.jpg
家を建てると言う事は、一生に何度もある事ではありません。だからこそ、お家づくりを考え始めたのなら絶対に見学会に参加することをお勧めします。
完成見学会で、家を実際に見て、イメージを現実の物として感じる事ってとても大切です。それに、基礎・骨組みなどの工事段階によって、定期的に行われる構造見学会に参加して、正しい知識を身につける事も大切です。
『構造見学会』『完成見学会』そして『75%完成見学会』、それぞれに家を建てる前に知っておきたいポイントがたくさん詰まっています!お近くで開催される際には積極的に足を運んでみてください。

2.【75%完成見学会の見どころ】
画像3.JPG
プレインホームの見学会では、お客様にゆっくり気兼ねなくご見学いただけるように家づくりのヒントをパネルにして展示しています。もちろん疑問・質問にもちゃんとお答えしているのでご安心ください。

3.【プレインホームの家づくりのお話】
画像4.jpg
ゆっくりご見学いただいてから、当社の家づくりの流れについてご説明致します。
家づくりは初めての事ばかりでご不安も多いと思います。そんな不安を解消できるよう家づくりがどのように進んでいきどのぐらいの期間が必要かなど細かくお話しています。

4.【珊瑚の塗り壁の消臭力を実感】
画像5.JPG
珊瑚の塗り壁には高い消臭効果があります。
その効果を実際に体感していただくために、コーヒー豆と珊瑚の塗り壁を塗った小さな壁材を使ったちょっとした実験にご協力いただいています♪


画像6.jpg
コーヒー豆を同量入れてもらった容器の片方に壁材を入れてもらいます。そのまま10分~15分ほどお話をしている間にどんどんにおいが吸収されていきます。
お話の最後に両方の容器の中のにおいを確認してもらうという簡単な実験なんですが、壁材を入れた容器の方はこの短い時間でもかなりの消臭効果を感じていただける実験になっています!

5.【完成前だからできる珊瑚の塗壁体験】
画像7.jpg
完成したきれいな状態の見学会を見ていただくのも勿論大切ですが、完成前の見学会でしか体験できないこともあります!プレインホームの75%完成見学会では実際に使用している石膏ボードに鏝を使って珊瑚の塗壁を塗っていただく体験イベントを開催しています。


画像8.jpg
実際の珊瑚の塗壁材は海の香りがし、珊瑚を砕いた質感を感じながら塗壁体験を楽しんでいただくお子様にも人気のイベントになっています。


6.【こんな特典が付いてくることも!】
画像9.png
※画像は過去のイベントのものです。

75%完成見学会に参加していただくと、先着3組様限定でお得なモニター募集キャンペーンを実施していることもあります。モニター契約をしていただき、いろいろご協力いただけるご家族様にはエアコン各部屋プレゼント(当社指定で4.5帖以上の部屋に設置)のように総額100万円相当の特典が付いてくるとってもお得なキャンペーンの募集も行っています。お見逃しなく!!
※特典の内容は変更となる場合があります。HPのイベント情報よりご確認ください。

75%完成見学会は、完成してからでは見ることのできない部分や体験することのできないことを体験できる貴重な機会です。
これから生涯暮らしていく家を外観や見た目だけで決めてしまわずに、しっかり中身を確認してみてください!


最後までお読みいただきありがとうございました。
次回は、内装の仕上げ、完成までの流れについてお話したいと思います。
みなさま、次回も引き続きお付き合いいただけますと幸いです♪

プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

【夏の家が暑い理由】日当たりが良すぎる!?日照シュミレーション

画像1.jpg

こんにちは。プレインホームの平田です。

年々暑さが増していると感じるのは私だけでしょうか?
私は毎年夏になると、悩む事があります。
それは、日差しが部屋に入り暑いということです。
これってよくある悩みでしょうか?
みなさんも感じたことはありますか?

「日差しが部屋に入り暑い?」
画像2.jpg
南側の掃き出しの窓も午前中は日差しが入りますが、それほど気になりません。
でも午後になると西側の腰窓からの日差しは強くて我慢できません。
眩しいのは1年中気になりますが、夏はとても暑いので耐え切れずに午後は西側のシャッターを閉めています。
そして、その度につくづく西側に窓はいらないと感じていました。
簾やオーニング等で影を作ればよいのですが、それもなんだか面倒だし、ずっと暗いのも嫌で...。

画像3.jpg
夏になるとそれが悩みの種だったのですが、最近気づいたことがありました。
「南側の窓の方が大きいのに、どうして気にならないのかな...」と、考えていた時です。


画像4.jpg


その答えはでした。南側は少しだけ屋根があって、日差しが遮られていました。そして西側は、遮るものが何もなく全力で日差しが入っていました。

屋根や庇の大切さを改めて感じ、家づくり相談会に参加した時のことを思い出しました。
真夏と真冬の「日照シュミレーション」を行うという、アドバイザーの言葉を。
家づくりの時にしっかりと日照遮蔽の計算をして、必要な分だけ庇を設ける。
後から取り付けるのが難しい物だから、初めにしっかりと考えて家づくりしたいですよね。
私も、あと10年早く知りたかったです。

「日照シュミレーション」
画像5.jpg
これから家づくりをされる方は、日照シュミレーションされることをおすすめします。
家での快適度が断然変わってきますよ。

画像6.jpg
日照シュミレーションを行ったお家のご紹介をしています。
よかったらチェックしてみてください。

>>>自然素材の住宅施工例

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

工事中の現場日記

プレインホームの平原 秀昭です。

今日は工事中の現場日記です。

今回の現場は富田林市の別井になります。
別井は金剛山・葛城山のふもとに位置しています。
6月7日に基礎着工をいたしました。
ですが、今回は開発工事が必要になったので急遽開発工事を行いました。


5月18日から行ったのですが、まさかの梅雨入りになり雨、雨、雨でなかなか取りかかることが出来ず天候との格闘に必死で、天気の様子を見ながら進めていきました。
富田林市から指定された位置に雨水升を設置、隣地境界にコンクリートブロック・側溝の設置です。

雨水枡の設置【作業風景】
PXL_20210518_001133435.jpg
まずは、雨水枡の設置。
この日は、天候も持ってくれたので順調に進みました。


完成写真
14081084498859.jpg
ここまでは良かったのですが、この後から雨で進まない状況になりました。


側溝の設置
PXL_20210520_054253510.jpg
雨で進まず、側溝だけで3日。

コンクリートブロック
PXL_20210520_054324791.jpg
ブロックを積み始めると、雨が・・・
境界ポイントの部分のみブロックを積みこの日は終了
この日から、雨の合間を縫って工事してもらいやっと完成。

PXL_20210522_082639998.jpg

PXL_20210522_082648443.jpg

PXL_20210522_082659723.jpg

天候さえ良ければ4日程度で終わる工事が、終わってみると10日間かかってしまいました。

急な工事と雨の中、作業してくれた職人さんたちに感謝です。
これからが、本格的な家づくりになっていきます。


まだまだ、雨が気になる季節ですが、お施主様ご家族の笑顔と幸せ造りに邁進していきます。


プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

【暮らしの工夫】自分らしく暮らしを楽しむ!

kurasi9.png
こんにちは。
プレインホームの本中野です。

今回は暮らしを楽しむ工夫を紹介いたします。


1)好みのデザイン・小物を取り入れる

自分好みのおしゃれなカフェや雑貨店を見つけると気持ちが高鳴る女性は多いのではないでしょうか?

好きなものを感じることができる空間は気分も上がりますよね。

そんな好きなものを家づくりに取り入れれば、日々の暮らしが楽しくなります♪

・カントリー調の扉や窓
kurasi8.png

リビングの吹き抜けにつながるように取り付けた室内の窓からはひょっこりお子様が顔を出します。

木造りの扉やシーリングファンもシンプルなデザインによく映えます。

・アンティーク調の照明・スイッチ・水回り
kurasi7.png

目立たないところにこだわりの素材を取り入れるとより一層おしゃれな統一感が出ます。

こちらはスイッチや照明、水回りのノズルなどにアンティーク感のある真鍮を使用しています。


・西海岸風のタイル張り
kurasi6.png

奥様の好みでキッチンは西海岸風に。水回りを全てタイル張りにしています。

長く過ごすキッチンを自分の好きなデザインに仕上げると、家事も余計にがんばれそうですよね♪


2)趣味を楽しむ空間を作る

日々の暮らしを豊かにしてくれる趣味。

そんな趣味をより楽しむ工夫を家づくりに取り入れるのはいかがでしょうか?

・庭の眺めを楽しむための和室の地窓
kurasi5.png

庭いじりが趣味のご夫婦の和室。

地窓を取り付けることで、育てた庭の眺めを楽しむ予定だそうです。

・プラモデルを作成・飾るスペース
kurasi4.png

リビングの一角にプラモデルを制作するスペース&飾り棚を備え付けました。

専用スペースを設けることで、趣味により没頭できそうです!

・人目を気にせずにアウトドア気分を楽しむウッドデッキ
kurasi3.png

O型・C型のお家の中庭や、目隠し塀のあるウッドデッキであれば、外の視線を気にせずBBQやプールなどを楽しめます。

遠出しなくとも週末にちょっとしたアウトドアを楽しむことができるっていいですよね。


3)家族と過ごす空間を居心地良く

家族と長く住まうために、居心地の良さにこだわることはとっても大切です。

家族の気配を感じるあたたかい家、早く帰りたくなるような家づくりをしたいですよね。

・心地よい光がさす気持ちのいいリビング
kurasi2.png

海や山に行った時に自然の光を浴びると、なんとも言えない心地よさを感じますよね。

そんな癒しを家族と過ごす家に取り入れるのはいかがでしょうか。

自然素材の無垢材の床は思わず裸足で歩きたくなるほど心地よく、パッシブデザインで採光を計算された窓からは明るい光がたっぷり差し込みます。

珊瑚の塗壁は調湿効果を発揮して室内を快適に保ちます。

4)遊び心を暮らしの中に。

日々の暮らしの中にこそ遊び心を。

繰り返しになりがちな日常に、くすっと笑える瞬間を取り入れるのも一つのアイデアです1

・子供と内緒話をする秘密道具
kurasi1.png

リビング横の伝声管は2階のホールに繋がっています。

子「おかあさーん!!!!夜ご飯何〜?」

母「ハンバーグだよー!!」

そんな会話が聞こえてきそうですよね。


暮らしを楽しむ工夫例、いかがでしたでしょうか。

参考になれば幸いです!


他にも自然素材の住宅施工例をたくさん紹介しています。

よろしければこちらからご覧くださいね。


プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg


家づくりの流れ。be plusu 2F style ④内装・外壁工事

画像1.jpg
こんにちは。プレインホームの平原しのぶです。

今回は前回お話した『上棟式』のお話の続きです。

S様邸では棟が上がり上棟式までの間に、突然の雨に困らないように、屋根工事・屋根の野地板の防水シート張り、外壁構造用合板(安心ボード)の張りつけまで完了しています。

今回はその後の工事の流れについてお話したいと思います。

家づくりの流れ①着工から基礎工事まで
家づくりの流れ②棟上げ・屋根・外壁
家づくりの流れ③上棟式


1.【サッシ取付け】
画像2.JPG
サッシや玄関ドアが設置されると現場の防犯面でも安心度が上がります。

この時点でサッシ類の取り付けを行うのは、木造の躯体にサッシ類を取り付けた後に防水シートなどをサッシの上にかぶせることで、雨じまいを確実にするためです。


2.【断熱材(内断熱)】
画像3.jpg
家の機密性能を大きく左右する断熱工事は、マイホームの快適さを左右するとても大切なポイントです。

当社では内壁内の断熱材はグラスウールを使用しています。

一般的には、この内側の断熱材のみで断熱工事が終了となる場合が多いと思いますが、当社ではエコサーム・W断熱工法を採用しているので内側の断熱工事の後、外側にももう一度断熱材を加える工事を行っています。

詳しくは後ほど4.エコサーム張り(外断熱)のところでお話したいと思います。


3.【外壁防水シート張り・防水検査】
画像4.jpg
外壁石膏ボード上、家全体を防水透湿シートでしっかり包みます。

防水処理が完了したら、第三者機関による防水検査が行われます。

木造住宅で一番恐れるのは『雨漏れ』です。

そのため、その原因になりそうな部分には神経質なくらい確認を行います。

職人さんも現場監督も、いつも誠実に仕事に取り組んでくれています。

それでも、気づかないうちに問題が隠れてしまっていることもあります。

そんな問題が見過ごされてしまわないように、専門の検査機関にしっかりとチェックを行ってもらいます!


4.【エコサーム張り(外断熱)】
画像5.jpg
内と外、Wで断熱材を入れることで、より機密断熱性能を高めることができます。

画像6.jpg
当社の外壁は耐久性の高いアクリルシリコン樹脂系塗壁材による、仕上げが一体となった外張り断熱システムの『エコサーム』を採用しています。

建物外壁に、エコサームボード(断熱材)を貼り付け
画像7.jpg
まずはベースモルタルを塗りこみます。

画像8.jpg
そして、建物のイメージを決める外壁仕上げには、左官職人の鏝技術による、上質さと温かみのある天然骨材の塗りを施します。


5.【フローリング張り】
画像9.jpg
外壁の施工と並行して内装の工事も進んでいきます。

室内では、1階・2階の無垢のフローリング張りが行われました。

6.【設備機器・階段の取付け】
画像10.jpg
次に、ユニットバス・トイレ・キッチンなどの設備機器の搬入・取付けが行われます。

画像11.jpg
そして、S様邸のシンボル的存在の『オープン階段』の取付も完了しました。

階段部分の吹き抜けから光を取り入れ、玄関や室内に広がりを持たせてくれるだけでなく、階段下を収納スペースとしても活用できる設計プランです。


ここまでで全体の工程の75%が完成した状態になります。

プレインホームでは、この時点で施主様にご協力いただき『75%完成見学会』を開催しています。

完成前の貴重な状態をご覧いただくだけではなく、実際に珊瑚の塗壁を石膏ボードに塗っていただく体験イベントも行っています!

今回はここまでにして、次回はプレインホームの見学会イベント『75%完成見学会』について、詳しくお話したいと思います♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさま、次回も引き続きお付き合いいただけますと幸いです♪

平原 しのぶ

プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

新築でシックハウス症候群?

こんにちは。プレインホームの平田です。

先日当社が施工し完成したお家の完成見学会に行った時のお話をしたいと思います。

「新築なのに匂いがしない?」
画像1.jpg
まず、初めに感じたことは新築なのに匂いがしない。ということです。

「新築だから匂いなんてないのが当たり前。」と変に思う方もいるかもしれません。

もちろん生活臭などではありません。

ですが、私は新しい家の匂いがすると思っていました。

皆さんも感じたことはありませんか?

新しい車や、物の匂いを。

気付かぬうちにシックハウス症候群になっているかも
画像2.jpg
それで、思い出したことがありました。

昔実家を建てた時に、すごく新しい家の匂いがしていて、しばらくの間息をすると胸が痛かったことを。

実家は欧風の輸入住宅で、床もドアも本物の木材でしたが、建具や壁は塗料で塗られていました。

その塗料のペンキのような匂いは、接着剤や防腐剤なども含んだ化学薬品の匂いでした。

今思うとシックハウス症候群になっていたのかもしれませんが、シックハウスは一度発症すると治ることはないようなので違うものだったのだと思います。

幸い症状は長く続かず、数カ月で匂いも気にならなくなりましたが、今考えるとちょっと怖い経験です。

もし一日中お家で過ごす小さな赤ちゃんだったら・・・と思うと本当に怖いです。

珊瑚の漆喰のチカラ
画像3.jpg
話を戻しますね。

新しいのに匂いがしなかったお家の理由は、自然素材にありました。

お家の壁に使用されていたのは、珊瑚の漆喰でした。

原料の石灰岩はサンゴなどが蓄積されてできます。

珊瑚には消臭・調湿はもちろん、ホルムアルデヒドなどの有害物質の吸収・分解効果が実証されています。

また、原料の一つの消石灰もあらゆる菌・ウイルスを死滅させる効果があります。

そしてなんとインフルエンザウイルスは99.9%不活化させることも実証されています。

そして床下には炭を原料とした防蟻剤を使用していました。

この防蟻材は化学薬品を一切使っておらず、シロアリを殺すのではなく寄せ付けない忌避効果が抜群です。

さらには調湿効果も高く住まいを健康に保ちます。

化学薬品を使っていない これが新しい家の匂いがしなかった原因でした。

匂いだけでなく、調湿や有害物質の分解、抗菌・抗ウイルスまでしてくれるなんて、控えめに言って最高だと思いませんか?

私ももう少し早く出会いたかったです。

珊瑚の漆喰「珊瑚のいぶき」、炭の防蟻材「(キュアレーベン)」を施工したお家のご紹介をしています。

>>>自然素材の住宅施工例

よかったらチェックしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg