【夏の家が暑い理由】日当たりが良すぎる!?日照シュミレーション

画像1.jpg

こんにちは。プレインホームの平田です。

年々暑さが増していると感じるのは私だけでしょうか?
私は毎年夏になると、悩む事があります。
それは、日差しが部屋に入り暑いということです。
これってよくある悩みでしょうか?
みなさんも感じたことはありますか?

「日差しが部屋に入り暑い?」
画像2.jpg
南側の掃き出しの窓も午前中は日差しが入りますが、それほど気になりません。
でも午後になると西側の腰窓からの日差しは強くて我慢できません。
眩しいのは1年中気になりますが、夏はとても暑いので耐え切れずに午後は西側のシャッターを閉めています。
そして、その度につくづく西側に窓はいらないと感じていました。
簾やオーニング等で影を作ればよいのですが、それもなんだか面倒だし、ずっと暗いのも嫌で...。

画像3.jpg
夏になるとそれが悩みの種だったのですが、最近気づいたことがありました。
「南側の窓の方が大きいのに、どうして気にならないのかな...」と、考えていた時です。


画像4.jpg


その答えはでした。南側は少しだけ屋根があって、日差しが遮られていました。そして西側は、遮るものが何もなく全力で日差しが入っていました。

屋根や庇の大切さを改めて感じ、家づくり相談会に参加した時のことを思い出しました。
真夏と真冬の「日照シュミレーション」を行うという、アドバイザーの言葉を。
家づくりの時にしっかりと日照遮蔽の計算をして、必要な分だけ庇を設ける。
後から取り付けるのが難しい物だから、初めにしっかりと考えて家づくりしたいですよね。
私も、あと10年早く知りたかったです。

「日照シュミレーション」
画像5.jpg
これから家づくりをされる方は、日照シュミレーションされることをおすすめします。
家での快適度が断然変わってきますよ。

画像6.jpg
日照シュミレーションを行ったお家のご紹介をしています。
よかったらチェックしてみてください。

>>>自然素材の住宅施工例

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


プレインホームのイベント・お問合せはコチラからどうぞイベント.pngお問合せ.jpg

PageTop