社長の生い立ちと『家つくりへの思い』

生い立ち
社長(300×300).jpg昭和52年2月14日
平原家の3兄弟の長男として誕生

鹿児島県より集団就職で大阪に引っ越してきた両親の元、平原家の長男として生まれました。明るく働き者のサラリーマンの父と厳しいがとても優しい母の間ですくすくと成長。決して裕福な家柄ではありませんでしたが、後にできた兄弟と共に3人で、毎日外で走り回って暗くなるまで家に帰ってこない子供でした。3兄弟はいつも仲が良く一緒に遊んでいましたが、それには父と母の思いがあったのかもしれません。買ってくれたプレゼントは、いつも3人の共有になるんです。そのため一つのボールで3人一緒に遊ぶ、一つのスケボーで順番に遊ぶ、ブロックをするときも必ず一緒に遊んでいました。何をするにも3人一緒。そりゃケンカもいっぱいしたけど仲良くもなりますよね。

就職。そして転機。
父が建設会社のサラリーマンだった影響もあり、大阪の建設会社に就職します。バブルが終わってすぐのため、景気もどん底。そんな中での就職だったにもかかわらず、雇用していただいた社長には、昔かたぎの難しさがありながらも、優しくじっくりと仕事を教えていただきました。当初は、住宅関係を主にさせていただきましたが、のちに公共工事、保育園、店舗、寺社仏閣、マンションといろいろな建築の技術を教えていただきました。その経験が今、本当に役に立っています。

そして転機を迎えます。当時会社近くで一人で暮らしていましたが、すぐ近くの交差点で大きな事故に巻き込まれます。軽自動車にはねられた上に踏みつけられて全治6ヶ月、入院後は実家に帰ることになりました。実家に帰ってからもしばらくは会社に出社することもできず、家の近くで療養しているときにのちに妻になるしのぶ様と出会うことになるのです。妻とは実家が隣同士ですが、幼馴染というわけではありません。先に書いた通り高校時に引っ越ししてきて顔を合したのは、ずいぶん時間がたってからでした。そのしのぶ様とめでたく式をあげてから、4人の子供を持つことになります。

決意と独立
家庭、特に子供を持つと家に対する考え方を改めさせられます。第一子の長女が生まれたのをきっかけにマイホームの購入を決意します。当時の僕は建てることへの知識はあっても、土地に関する知識の欠落したまま分譲住宅会社の乱立する堺市で分譲住宅を購入することになります。そこで自由度の利かない土地を売る分譲住宅の販売姿勢を思い知らされます。人生の中で大きな買い物にもかかわらず、設計制約の多さ自由設計と書いたチラシは何処に行ったのかという設計ルール、仕様もすべて変更できず...そのころから、独立し、お客様と創る"家つくり"を想像し始めました。

当時32歳、若さのおかげか、思いと勢いだけで独立をはたします。のちに3番目の弟と一緒に株式会社平原建築工房を設立。サラリーマン時代に培った技術で住宅、店舗を中心に寺社仏閣や保育園などいろいろな仕事を請け負ってきましたが、2016年の母の死をきっかけに大きく住宅事業へのかじ取りを行う決心をします。そこには母と共に暮らした家への思いと自ら経験した分譲住宅購入の経験が重なり、「幸せに暮らす」をテーマにした家づくりを展開していくことになります。


家族と幸せに暮らす家って?
当初は、お客様へより安くとローコストであることが何よりと思いローコスト系の住宅を造っていました。そのローコスト系でも多くのお客様に喜んでもらっていましたが、自らが購入した分譲住宅の制約の多さと被ることが多くなってきたのです。また値段交渉に巻き込まれるようにもなりました。低価格を売りに価格交渉を行うライバル店、最初に高く設定した提示金額から大幅値引きで安さを演出する住宅会社も多く見受けられるようになりました。そんなことが果たしてお客様にとって誠実なのか・・・?そして決断します。「値引きをするのは当たり前」が一般的だった住宅業界で値引きをしないことを。値引きをすることで住宅の品質や性能を落とさざるを得なくなっていくのが当然です。また値引き交渉のうまい人だけが得をするような住宅を販売したくない。いつでもお客様にフェアでいることこそがお客様への最大のサービスであると考えます。

そして幸せに暮らす家を創るため自然素材住宅専門のブランドとしてPlainHomeを創ります。当社は「いつでも幸せに暮らす家」がテーマです。そのために、自然素材を使用した住宅づくりを行います。室内壁は珪藻土や漆喰の塗壁、床には無垢フローリング。手の届くほとんどの所を自然素材で作ります。親になって思うことを、そのまま住宅にしただけです。子供には無害な床でコロコロ回って、ふぅふぅいいながら一生懸命ハイハイをして欲しい。その床に化学物質を加えたくないだけです。なんにでも好奇心旺盛なその手で触る壁に化学物質を加えたくないだけです。間取りも日差しも計算します。暖かいリビングでみんな集まって会話をする。その空間を作り上げます。

そして、家つくりの過程も大事にしています。設計・施工はもちろん、その間のイベントもお客様に断られない限り行います。地元の神様に土地を清めてもらう地鎮祭、建物の構造が完成しおうちの棟に神様を祭る上棟式。今ではあまり執り行われなくなった神事も一つ一つに意味があり、節目となるものです。多くのお客様が6ヶ月から10ヶ月かけて家づくりをされる中、その期間に多くの思い出をつくっていただく、そして家を建ててからもずっと我々との関係を続けていただくために、日々喜んでもらえる家つくりを考えています。

想いと信念
今この時代、コロナ禍の影響もあり家に対する考え方が大きく変わろうとしています。ですが、私たちが提供するものは『家づくりを通して家族の笑顔を創る』ことです。そこに暮らす家族が笑顔にあふれ人生を幸せに送れる空間づくりをするために、日々学び新しい技術や知識を積み重ね更なる努力を続けています。変わり続ける時代に変わらない思いで、これからも挑戦し続ける会社であり続けます。

全てはお客様と今後を担う子供たちのために・・・


PlainHome 株式会社平原建築工房 代表取締役社長 平原昭祥

イベント案内

Menu