大阪で家を建てたいけど土地が見つからない?

 |  |  | 0

好きなことが見つからない2つの心理的原因と解決方法 | 八木仁平公式サイト

 

Plain Homeの平原秀昭です。

今日は「土地探し」のポイントをお話しできたらと思います。

 

土地は探す物ではなく、選ぶもの!!

「土地探しのポイント」って言うてるやん!とつっこまれそうですが、

土地は探すのではなく「選ぶ」もの。

ということを頭に入れながら、イメージしていってください。

 

まずは「資金計画を行い、土地や物件の予算を把握する」ということから始まっていきます。

続いてその資金計画を基に、

「立地重視か建物重視なのかを決めます」

まぁ自分のお好みというものがありますからね。

立地だけは譲れないとか、いやいや立地は多少悪くとも建物だけには

しっかりお金を掛けたいとか、そういう想いがあるはずです。

 

そして「候補地となる場所の相場を把握する」ことが大切です。

だいたい土地代がいくらくらいというのが分かってくれば、

それこそ自分が建物にいくら掛けられるのか、

そういうバランスが分かってきます。

大体土地代はこれくらいからこれくらいの範囲、建物代はこれくらい掛かるね。

こういうバランス感覚を持つということです。

そしてここが一番大切なところです。

これだけはとにかく皆様よく分かっておいてください。

「土地や物件は良いものから売れていく」

という現実を分かって頂くということです。

土地はもちろん、「不動産」です。文字道理、動かない資産です。

つまり、同じものはこの世にないのです。

動産」車のように、「○○さんの乗っている車かっこいいよね。あの車を買おう。」ってわけにはいきません。

いいなと思った土地は、他の人もいいなと思います。

つまり、いいものから売れていくのです。

もっといい土地があるかもしれないと思い探し続けている間に他の人が買ってしまって買えなかった、

あの土地にしていればよかった。という話はよく聞きます。

ですから土地は良いものから売れていく、そのためにはしっかりとした準備が必要。

土地には限りがあり、「探すものではなく選ぶものである」ということを知る。

こういう考え方を自分の家づくりの根本的な部分に持っておかないといけないということが言えると思います。

最後にポイントのまとめ

・資金計画を行い、土地や物件の予算を把握する

・立地重視か建物重視なのかを決めます

・候補地となる場所の相場を把握する

・土地や物件は良いものから売れていく

・土地には限りがあり、「探すものではなく選ぶものである」

 

セミナー詳細はこちらからどうぞ:https://www.plain-home.net/events
お問い合わせはこちらからどうそ:https://www.plain-home.net/form2-2